クノレックの怠惰な日常。





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

映画『八日目の蝉』感想 :: 2011/05/01(Sun)

映画『八日目の蝉』を観てきました。

八日目の蝉

[リンク:映画 八日目の蝉 オフィシャルサイトさん]

自分としては、正直「観たい映画」ではなかったので、出かける直前まで「『鬼神伝』を観たい!」と主張していたのですが…… 

今回は嫁さんにお付き合いする形で「仕方なく」劇場まで出かけたのです……

……が!

   続きはコチラ



この作品に対して、かなり誤った認識をしていた(お涙頂戴の感動押付け映画と思ってました…)という事を思い知りました。

そんな単純な作品ではありません。

見終わった後に『目に映る世界が変わって見える』ほどに、深く、切なく、やるせなく、そして温かい…そんな心揺さぶられる作品でありました。

完全になめてかかってました。ごめんなさい。

いまだに…うまく言葉にできません。

理不尽な作品です…とにかく。

何人もの『母』が登場する物語です。

立場を変え、場所を変え、時代を変え……『母』である事、『母』でいる事、『母』になる事、『母』になれない事……幾通りもの『母と子をめぐる物語』を紡いでいく事で、浮き上がって見えてくるもの。

ネタバレになるので、これ以上は書きません。

……と、いうか書けません。少なくとも今はまだ。

せめて、結びにこう記しておきましょう。

『静かな優しさに満ちた物語です』

誘拐という卑劣な犯罪がもたらした理不尽で救いのない物語ではあるけど…その行き着く先にあるものを感じて欲しい…と思います。切に。


名作だと思います。


P.S.この映画の脚本はアニメ版『時をかける少女』や『サマーウォーズ』でおなじみの『奥寺佐渡子』さんが手がけています。要チェック!






昨年放送されたドラマ版&原作本です。ポチリました
関連記事

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<5/1 本日の気になるニュース | top | 4/30 本日の気になるニュース>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kluqlu1984.blog94.fc2.com/tb.php/25-453be646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。