クノレックの怠惰な日常。





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

映画 『岳 -ガク-』 感想 :: 2011/05/16(Mon)




岳


映画『岳 -ガク-』を観てきました。

ちなみに『原作漫画』は未読です。

なので、原作と映画の違いなどに関しては、何の言及もできません。

で、一本の『映画』として観た場合の個人的な感想なんですが……一言で言ってしまうと『普通』でした。

意外性が無さすぎるというか……何というか。

予告編を観た段階で想像していたお話、映像、演出……どの要素を抜き出してみても、予想の範囲内……って言うか予告編が饒舌すぎたんですね

あの予告編で、ほぼ、この映画の姿を語ってしまってます。

嫌いな映画ではないです。退屈せずに最後まで楽しむ事は出来ました。

ただ……本当に『想定していた物語が想定通りに進行していく』感じなのです。

おかげで方々に張ってある伏線も読み易いうえに『あざとく』見えてしまう結果に。

映画本編と予告編のあり方を考えさせられる……そんな一本でありました。

と、残念な所ばかり記していてもいけませんので、良かった所も。

まず『山』の存在感。

これはかなりのモノです。

『山』の恐さ。『山』の厳しさ。『山』の美しさ。『山』の素晴らしさ。

余す所無く描き出されていたと思います。

『登山をしてみよう』とは思いませんが『山に惹かれる人』の気持ちは何となく理解できました。

次に役者さん達の熱演。

ごまかしのきかない環境下での撮影という事もあって、本当に大変だったと思います。

登場人物を皆それぞれ魅力的に演じられてました。

個人的に『長澤まさみ』さんのファンであるので、目に楽しい(?)のも良かったです。

『小栗旬』さんと『長澤まさみ』さんは、自分の好きな映画『ロボコン』でも共演されてましたねぇ。

二人とも大人になったものです。

おっと…脱線……

まあ総合的なクノレック個人的評価としては、5段階評価で『★★★☆☆』といったところですね。

できれば、予告編を観ずに鑑賞することをオススメします。



関連記事

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<リボルテック『エヴァンゲリオン 零号機(改) 』簡易レビュー | top | 5/16 本日の気になるニュース>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kluqlu1984.blog94.fc2.com/tb.php/48-0391a506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。