クノレックの怠惰な日常。





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

映画 『 コクリコ坂から 』 感想 :: 2011/07/19(Tue)



スタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』を観てきました。

コクリコ坂から

今回、この作品の監督を務められたのは『宮崎吾朗』さん。

あの『ゲド戦記』の監督さんですね!!

『ゲド戦記』といえば……(ゴニョゴニョ)……で、何とも……(ゴニョゴニョ)……という出来でありました。

まあ個人的には『嫌い』ではないんですけど、決して他人にはオススメできない……そんな作品なんですよね。

まあ…世間で言われるほど『酷い』とは思っていません。

失敗の許されない『題材』を、失敗の許されない『看板』の下で、新人監督が『失敗を恐れず』制作したら、世間の期待から『大きく外れたもの』に仕上がっちゃった……と。

そんな不幸な巡り合わせが重なった作品。

そんな感じだと思っていますですハイ。

前置きが長くなりました。

そんな『宮崎吾朗』さんの監督作第二弾『コクリコ坂から』

題材の『あまりの地味さ』『スタジオジブリ制作の最新作なのに、まったく興味を引かれない』という方も多いのではないでしょうか?

まあ、自分がそうでしたから。

劇場予告編やCM、それにテレビ番組での紹介コーナーなどを見ても『どんな物語なのか想像もできない』状態。

ただ『旗を上げる少女』と『学生服の少年』の印象しか残りません。

正直、作品としてのフックが弱過ぎて「観たい」と思ってはいませんでした。

たまたま『時間が空いていて、上映館の近くに出かけていて、上映時間もちょうど良い感じの回があって、ポイントカードのポイントが貯まっていてタダで鑑賞ができる』と……そんな条件が揃ってたんですね。

『なし崩しで観る事になっちゃった』状態で鑑賞に臨みました。

しかし……

『これは幸運な巡り合わせであった』と今は思っています!!

  続きはココから(ネタバレ気味です)
続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

映画 『 鋼の錬金術師 嘆きの丘〈ミロス〉の聖なる星 』 感想 :: 2011/07/10(Sun)



映画『 鋼の錬金術師 嘆きの丘〈ミロス〉の聖なる星 』を観てきました。

ハカ#12441;レン

実は私クノレック……『鋼の錬金術師』という作品に何の思い入れも持っていません!……でした。

漫画喫茶でコミックスを最初の数巻読んだ事があったので、ごく基礎的な設定などは知っていましたが、その後、アニメにも原作漫画にも触れる事無く過ごしておりました。

むしろ……世間で『作品評価』が高まるほどに、『この作品から遠ざかろう』というような心理が働いていたような気がします。

それなのに何故?今回わざわざ劇場にまで出かけて『思い入れも無く疎遠にしていた作品の劇場版』を観に行くに至ったのか?

自分の好きな『坂本真綾』さんが声優として参加しているから?

ファンの人達の評価が高かったから?

それとも気まぐれ?

これに関しては……何とも言えませんねぇ………

自分でもわかりません。

何だか『雨が降っていたから』いう理由でも当てはまってしまいそうです。

何となく『あ。観てもいいかも』という気分になって、何となく『家から車で一時間ほどかかるショッピングセンター内のシネコン』にまで出かけて行って、何となく『丁度いい上映時間が無いから2時間待って』鑑賞に臨みました。

いったい何でしょう?

やっぱりわかりません。

何かに導かれていたんですかね?


そのおかげで、遂に『鋼の錬金術師』という作品に出逢ってしまいました!!

  特にネタバレしませんが続きはココから!
続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

映画『 アンダルシア 女神の報復 』感想 :: 2011/07/04(Mon)



映画『 アンダルシア 女神の報復 』を観てきました。

アンタ#12441;ルシア

前作『 アマルフィ 女神の報酬 』は、それはそれはもう……

ツッコミどころ満載の素晴らしいネタ映画でしたが、映画での続編(間にドラマ版有り)にあたる本作の仕上がりはどんな事になっているのでしょう。


やや間違った方向にワクワクしながら鑑賞に臨みました。

  続きはココから。前作のネタバレあります。
続きを読む

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

映画 『 デンデラ 』 感想 :: 2011/06/29(Wed)



映画『デンデラ』を観てきました。

20110615192301_0.jpg

もしかすると「映画ファンでもこの『デンデラ』という作品の存在を知らない方も多いんじゃないか?」と思ってしまうくらい、メディアへの露出の少ない本作ですが……これがなかなか凄い映画なのです。

今回はネタバレは少なめに抑えて、この『デンデラ』という作品に興味を持ってもらいたいという主旨で感想をまとめたいと思います。

まずは簡単にあらましを紹介すると……

とある山奥の村。この村は掟により支配されている

掟の一つに『70歳を越えて生存している者は、年明け早々の雪深い”お山のお参り場”へと入り極楽浄土へ旅立つべし』というものがある。

体裁は『極楽浄土へのお参り』となっているが、要は『口減らし』いわゆる『姥捨山』の風習である。

村は貧しく、作物の収穫も少ない。

『働きの悪くなった者を切り捨て、村という共同体を維持する為』老人達は”お山”へ捨てられてゆくのである。

この物語の主人公である斎藤カユは”お山のお参り場”に運ばれ、そこで極楽浄土への旅立ちを待っていた

陽も落ち寒さが一段と厳しさを増す中、手足の感覚は無くなり、遂に意識も途切れてしまう

もうこの世で目覚める事はない……その筈だった。

しかし……斎藤カユは目覚めた

見知らぬ場所で。

そこは『デンデラ』と呼ばれる場所

”お山”に捨てられた『女』たちだけで構成された共同体がそこにあった。

と、ここまでが導入部ですね。

この『デンデラ』は30年前に山に捨てられた、三ツ屋メイの『執念』から生まれた共同体なのですが、全て女で構成されています。

『男尊女卑』の環境にある村、『掟』に縛られた村、『働きづめに働いた女たち』を捨てた村。

その村へ復讐する為、30年という年月をかけ築き上げた共同体。

斎藤カユを迎えることによって、その構成員は50人まで達しました。

いよいよ三ツ屋メイと『デンデラ』の女たちによる、村への報復が始まろうとするのですが………

と、これ以上のストーリーは語らない方が良いですね。

なるべく『何も知らない状態』で鑑賞した方が、衝撃が大きいと思いますし。

キーワードを何点か提示するにとどめておきましょう。

『襲撃派』『穏健派』『雌熊』『肉』『血』『死闘』『生』『死』『覚悟』『希望』『復讐』

さて……どんな物語が想像できますでしょうか?

『興味のある方は劇場へ』と言っておきましょう!

特別興行の為、鑑賞料金1000円でご鑑賞になれますよ!

……と、前置きが長くなりましたが感想へ。

この作品のテーマは『生きるとは?』などの単純な物ではないと思いますね。

もっと『陰鬱』な何か。

考えてみれば……

登場人物は『老女』ばかり

様々な人物が『デンデラ』で生活していますが、ここには本来の意味での『発展性』はありません

仲間を増やす事はできても『新しい何かを生み出す事』は出来ないのです

活気があっても淀んでいる

結束があっても倫理はない

ここで生活する老女たちに欠けていたもの。

『目に見える現実、見たいと思っている現実しか見ていなかった』からこそ……『個人としては様々な思想を持っていても、この共同体全体としては”ある執念”に捕われていた』からこそ……『デンデラ』の行く末は決まってしまったのだと思います。

何というか今の日本と同じ空気感が『デンデラという共同体』に感じられるのですよね。

まあ……話が大きくなり過ぎました。

もっと単純な感想に流れを戻しましょう。

個人的の感想をつらつらと。

『映画としての格』は『中の上』な感じですね。

旧くからの『日本映画』っぽい『日本映画』です

目新しい画面作りや演出はないものの、安定感のある作風が全編貫かれています。

面白かったのは『斎藤カユ 御歳70歳』がこの映画の中では『娘』に見えてしまうところ。

この映画にはごく一部の場面を除いて『老女』しか登場しませんし、主人公なので他のキャストとのメイクの違いもあるのでしょうが……充分お美しかったですよ。

あと、物語の展開上かなりエグイ場面(あまりしっかりと画面には映されませんが)もありますので、血が苦手な方は要注意かもしれませんね。

ラストシーンの潔さも良かったと思います

はたして……斎藤カユは『どんな想い』であの光景を見ていたのでしょう?

観終えた後に不思議な余韻を残す映画でした。

先ほども記しましたが、鑑賞料金も割安なので、興味のある方はぜひ劇場へ行って下さい。

この料金であれば個人的にはオススメです!



とりあえず予告編を貼っておきますね。







track feed
デンデラ



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

映画 『 SUPER 8 / スーパーエイト 』 感想 (ネタバレ有り) :: 2011/06/25(Sat)



24日より公開された『SUPER 8』を観てきました。

super8_460.jpg

今回もネタバレ感想になりますので、避けたい方は『続きを読む』以降を読まない様にして下さい。

まず、ネタバレ無しの率直な感想ですが「面白かった」です。

ただし……この映画に『過剰な期待』をしていなかった自分の感想ですので『期待値の高い方』が観た場合に「面白いと思えるのか?」と問われると、自信を持ってそう言い切る事はできません。

何故か……?

その理由を自分なりに考えてみました。

この『SUPER 8』という映画のパブリシティーは『完全秘密主義』が貫かれていました。

『物語の導入部』と『キーワード』こそ明らかにされているものの『積極的に情報を集めにいく方』でもなければ、どのジャンルに属する映画なのかもわからないのではないでしょうか?

【アメリカの田舎町に住む少年たちが、偶然8㎜カメラで列車事故を撮影してしまう。果たしてそのフィルムに写っていた『あるもの』とは……?そして事故以降に町で起こる怪奇現象の謎とは……?】

……と、ここまでが公開前に明かされている『あらまし』ですよね。

とりあえず『パニック映画』的な香りが漂ってます。

CMや劇場予告などでも『何ものかに襲われる人々』『軍隊』『破壊される町』などの映像が使われてますので、あながち間違ってはいません。



この『何ものか』の正体は、公開前に明かされている『キーワード』から推察が出来てしまいますしね。

ただ……そういった部分に想像を逞しくして期待を高め、この映画に臨んでしまうと……

きっと『肩すかし』をくらってしまうんじゃないでしょうか?

これは『完全秘密主義』が貫かれているがゆえ『作品の本質への誤解』を生じさせ『あらぬ方向』へ観客の期待を高めてしまい、結果『何だか物足りない』という感想に至ってしまうのではなかろうか?……と、個人的に危惧しております。

まあ、いつまでもぐだぐだと愚説を述べていても仕方ありませんね。

これ以降はネタバレを記していきますので、それを避けたい方は退避して下さいね。

いいですか?

始めますよ?


  注意!映画の結末についても記しています! 続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。